11月22日 看護学校での演習が無事に終了いたしました

久しぶりの投稿です(^^)

 

平成24年度11月からお声掛けを頂き、演習の時間に生徒さんと関わっております。

今回はゆとりの時間も合わせて、180分の贅沢な時間での学びとなりました。

 

『成人看護学Ⅱ コミュニケーション(傾聴とタッチング)』

 

【演習内容】

  • ベットサイドでのタッチング 軽擦法(MD法にて)
    肘、膝(リラクゼーション)
    肯定的なタッチングの意味・環境整備・安楽体位
    施行者の爪の手入れ…等
  • 精油を使った石鹸作り
    精油の正しい使い方や禁忌事項の説明を合わせてお話しました。

 

来年から始まる臨床実習でとても大切なコミュニケーションツールとして、生徒さんと患者様との架け橋になれる事を願って終了しました。

 

〈お礼〉

 

看護学校の先生方有り難うございました。

 

ICAA協会専属の看護師さん、医療の中で活躍されていますセラピストさん(宮薗さん 圓山さん 辻さ 松隈さん 阿部さん 堀川さん)にお手伝い頂き、有り難うございました。