メディカルアロマテラピーとは

アロマテラピーの意味は「芳香療法」

アロマはフランス語で「芳香」、テラピーは「療法」を意味します。

(※テラピーはフランス語、セラピーは英語)

つまりアロマテラピーとは、植物から抽出した精油の芳香を使った芳香療法です。

 

メディカルアロマテラピーは、文字通り、医療の現場でも活用されているアロマテラピーをいいます。その役割は、人間の身体に生まれながらに備わっている自然治癒力を高めることにあります。

国によって違う立ち場

メディカルアロマテラピーはフランスで発祥しました。フランスでは、医療として社会的地位を確立しています。一方イギリスでは、アロマをリラクゼーションを得る方法として広まっています。

 

日 本でも、最初、アロマテラピーが美容やリラクゼーションに効果があると紹介されたので、そういった効果の方が一般的です。

 

しかし、1990年代になり、人 間の持つ自然治癒力を高める効果が認識され、医療従事者の間でも注目されるようになりました。

医療現場でのメディカルアロマテラピー

現在、メディカルアロマテラピーは、香りを嗅がせて脳に作用させるほか、肌や臓器などに直接作用させたりと、さまざまな診療科目で活用されています。

 

(心療内科・精神科・産婦人科・整形外科など)